名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020

実験的なライブ・パフォーマンスを紹介する「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020」の公演が2020年2月23日午後2時から、名古屋・栄の愛知芸術文化センター・愛知県芸術劇場小ホールで開かれる。テーマは「音が描く時間」。各アーティストが、表現する作品の始まりから終わりまでの時間を観客にどう体験させるのかに着目。ゲストアーティスト2組と、公募アーティスト3組が出演する。
音と身体を核に舞台芸術の新たな表現に挑戦するオムニバス形式のライブ・パフォーマンス公演。コンサートではこぼれ落ちてしまう多様な音の作品や、テクニカルな斬新さを超え、セリフ、映像、身体表現を伴う、ひとくくりにできない音のパフォーマンスを対象に、前身に当たる「AACサウンドパフォーマンス道場」(2006年開始)から、特別公演を含めて、これまで12回開いてきた。
ゲストアーティストの1組は、電動モーターで養生テープを巻き取る時に生じる音で演奏するユニット「正直」。

正直「養生テープを『再生』する」

 もう1組は、偏差値と管理教育、いじめに脅かされる名古屋の中学1年生の日常を描いた「サマースプリング」の短縮版を上演する名古屋市出身のボイスパフォーマー、吉田アミさん、俳優の立川貴一さんからなる「ミニスキュル・シングス」に、音楽家の大谷能生さんが加わった3人組ユニット。


ミニスキュル・シングス+大谷能生 「サマースプリング」愛知県芸術劇場版

公募アーティストは、インドネシア・ジョグジャカルタの伝統的な影絵人形劇「ワヤン」に映像と音を合わせた3人組「CORONA」や、人間の生きている時間、ルーティーンをテーマに生活音で音楽を奏でる「みあいっこ」や、日々《変容の対象》アンサンブル。前衛的な音楽から身体を伴う作品まで、さまざまなパフォーマンスを繰り広げる。当日券のみ一般2500円、U25 1000円、高校生以下無料。

最新情報をチェックしよう!