名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

『最貧前線』がオーディオドラマで無料配信中 2019年に穂の国とよはし芸術劇場PLATなどで上演

 2019年に愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場PLATなどで上演された舞台版「最貧前線 『宮崎駿の雑想ノート』より」のオーディオドラマ 版の全7話が2020年6月26日以降、水戸芸術館ACM劇場(水戸市五軒町)の特設サイトで順次、無料配信されている。7月26日まで。

 オーディオドラマ版「最貧前線」は、世界的なアニメーション映画監督、宮崎駿さんが平和への願いを込めて描いた短編漫画「最貧前線」を原作に、水戸芸術館ACM劇場が企画・制作。同劇場芸術監督の井上桂さんが脚本を担った。

ACM劇場は2019年、井上さんの台本で「最貧前線」を舞台化。同劇場や、世田谷パブリックシアター、穂の国とよはし芸術劇場PLATなど全国8カ所で上演され、感動を巻き起こした。

 今回のオーディオドラマ 版は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で演劇やコンサートの公演ができない中、自宅にいながら楽しんでほしいと企画。水戸芸術館WEBサイトの「おうちで楽しむ水戸芸術館」特設ページから、無料配信することになった。舞台関係者を支援したいとの願いも込められた。

 せりふや効果音だけで物語が演じられ、1話約20分。順次公開され、7月26日まで聴くことができる。

「最貧前線」は、太平洋戦争末期に海の最前線に放り込まれた漁師と兵士の物語。今回のオーディオドラマ版では、舞台版にも登場した14歳の少年「見習い」の視点で描いている。

 戦時下の小さな漁村。突然、見習いが漁師修業に励んでいる漁船「吉祥丸」に、徴用の命令が下った。吉祥丸は、海上で米軍の動向を探る「特設監視艇」という軍艦に改造され、見習いや漁師たちは、軍人と共に指定海域へと向かう――。

  • 第1話「吉祥丸、徴用される」 
  • 第2話「吉祥丸、軍艦になる」 
  • 第3話「吉祥丸、出撃する」  
  • 第4話「吉祥丸、敵を発見する」
  • 第5話「吉祥丸、最初の航海を終える」
  • 第6話「吉祥丸、再び出航する」
  • 第7話「吉祥丸、最大の危機」
  • おまけ:吉祥丸はこうやって軍艦になった

 オーディオドラマの声は、前田旺志郎さんや、山本龍二さん、鳥山昌克さん、春海四方さん、安達勇人さん、福本伸一さん、山口森広さん、杉木隆幸さん、柳家花緑さん、近藤芳正さんら。

最新情報をチェックしよう!