名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

藤田嗣治の2点を名古屋市美術館に寄贈

 6月21日中日新聞夕刊、共同通信(web)などによると、エコール・ド・パリの画家、藤田嗣治の後期の代表作「二人の祈り」(1952年)と「夢」(54年)が名古屋市内の美術収集家から同市美術館に寄贈された。藤田の遺骨が眠るフランス・ランスと名古屋市が姉妹都市となるきっかけにもなった作品で、同館は8月1日から常設展示する予定。
 「二人の祈り」は、藤田と夫人が聖母子に祈りを捧げる宗教画。「夢」は裸婦を描いている。同館によると、評価額は計3億5000万円。