名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

名古屋の芸術家支援事業「ナゴヤ・アーティスト・エイド」5月25日から募集

 名古屋市が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、活動の機会が減ったアーティストを支援する「ナゴヤ・アーティスト・エイド」事業の募集受け付けを2020年5月25日から始める。市が作る特設WEBサイトで映像作品を発表した芸術関係者に1人10万円を助成する。団体の場合は、構成員1人当たり10万円で上限は50万円。6月中にも作品をWEBで公開する。募集上限は900人で、受付は先着順。6月15日までが受け付け期間だが、定員に達した段階で、募集を中止する場合がある。

 アーティスト支援を図るとともに、コロナの影響が続く中、その作品をファンなどに自宅で楽しんでもらおうと、独自の支援策を決定2020年5月12日の中日新聞(WEB)などによると、対象は、市内在住か、市内を拠点に活動する個人、または団体。音楽や演劇、舞踊、絵画、写真、伝統芸能などの分野で、アーティスト活動を1年以上続け、生計を立てていることが条件となる。趣味として文化芸術活動を行っている場合は、支給対象にならない。文化芸術活動で対価を得ていて、主にその収入で生計を維持していることが必要だ。プロかどうかは、活動実績で判断される。

 映像は5~15分程度で、内容は、作品や活動、制作風景、解説を撮影したものを想定している。財源は市文化基金を充て、1億円ほどの支出を見込むという。

 詳細と、企画書・申請書のダウンロードは、名古屋市のWEBサイトから。郵送先とメールアドレスは、5月25日午前9時に名古屋市のWEBサイトで公開される。2020年5月23日の中日新聞によると、採用結果は、提出から1、2週間ほどで通知される。

自信があるから!ライザップは30日間全額無条件返金保証。詳細はこちら≫

有機野菜といえば

最新情報をチェックしよう!

  • 前の記事へ関智生展 青花 実存南画
  • 次の記事へ三重県文化会館が戯曲アカデミア第3期募集 平田オリザさんらが講師

執筆者

S.INOUE

S.INOUE

1964年、名古屋市生まれ。大学時代に演劇に熱中し、現代美術や小劇場演劇、映画などを見始める。89年、新聞記者になり、美術、演劇、映画などを担当。2002年10月、名古屋で芸術批評誌REARを有志で立ち上げ、2011年頃まで編集・執筆。現在も時々、執筆している。2019年6月、WEBサイトOutermostNAGOYAをスタート。ライター、ジャーナリストとしての活動のほか、アートをテーマにオウンドメディアの可能性を追究している。投稿一覧へ

関連する記事

検索

キーワード

カテゴリー

カテゴリーを選択美術ステージ映像・映画その他ニュース(新聞から)コラム工芸訃報

タグ

A・C・S四日市市文化会館ふじのくに⇄せかい演劇祭プラットヤマザキ マザック美術館ロームシアター京都一宮市三岸節子記念美術館三重県文化会館三重県立美術館古川美術館名古屋シネマテーク名古屋市民ギャラリー名古屋市美術館名古屋画廊

最新情報をチェックしよう!