名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

久屋ぐるっとアート

 名古屋・久屋(栄北)エリアで2019年11月1〜4日の4日間、街を歩きながら気軽にアートを楽しんでもらう「久屋ぐるっとアート」が催される。愛知県芸術劇場内の事務局によると、久屋大通発展会、栄公園地区連携協議会など地域の団体に同劇場が提唱し、2018年に始まった。昨年は、3日間でのべ46000人が来場した。今年も、美術展や人形劇、ミニコンサート、パンマルシェなど、アートの鑑賞・体験などができる多彩なイベントがある。スタンプラリーもあり、スタンプ獲得数によってオリジナルグッズがもらえる。参加店舗にパンフレットを持参すると、割引やドリンク1杯無料などの特典も。参加は、愛知芸術文化センター、オアシス25、NHK名古屋放送局、名古屋テレビ塔など25団体。詳細は「久屋ぐるっとアート」のwebサイト
 期間中のイベントは、愛知県美術館「地球・爆—10人の画家による大共作展」(1〜4日)、アートスペースA・同展記念シンポジウム(2日午後1:30)、愛知芸術文化センター・アートプラザ内ビデオルーム「あいちトリエンナーレ2019」パネル展示(1〜4日)、愛知県立芸術大学サテライトギャラリーSA・KURA「昨日とおなじ未来に」(同)、同展アーティストトーク(愛知芸大芸術講座、4日午後2)、愛知県芸術劇場小ホール・ひまわりホール・愛知人形劇センター30周年記念特別企画ITOプロジェクト糸あやつり人形芝居「高丘親王航海記」(2〜4日)、アートスペースA・猫町倶楽部・第七劇場鳴海康平トークイベント「ムンク/幽霊/イプセン」(4日午後4:30)など。

最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件