名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

「ジブリの“大じゃない”博覧会」 愛知県美術館 会場ルポ

ジブリの“大じゃない”博覧会 撮影ポイント多数 結構楽しめる! 愛知県美術館

スタジオジブリの人気作品の世界を写真を撮りながら楽しめる「ジブリの“大じゃない”博覧会」(愛知県、中日新聞社主催)が2020年7月22日〜9月3日、名古屋・栄の愛知県美術館ギャラリーで開かれている。

 愛知県美術館でもともと、6月25日から開開催予定だった「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと2年。~」が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、延期になり、別企画として、急きょ開催された。

 会場は、愛知県美術館ギャラリーのA、B、H、I。午前10時〜午後6時。金曜日は8時まで。月曜休み(祝日の場合は翌日休み)。一般1500円、高校・大学生1100円、小中学生800円(いずれも平日は100円引き)、未就学児は無料。

 チケットは、新型コロナウイルスの感染対策のため、入場日時の30分ごとの時間指定で販売されている。各時間枠の販売枚数には上限がある。会期前半(7月22日~8月10日)、後半(8月12日~9月3日)とも、ローソンチケットで販売している。詳細は公式サイトで。

 筆者は、7月23日午前10時の回で、家族5人(筆者、妻、小中学生の3姉妹)で参加。内容が充実している上、写真撮影できるポイントが多く、思った以上に楽しめた。家族も喜んでいた展示内容を詳細に紹介したい。

 なお、会場に入るときは、間隔をあけ、並んで入場。検温、アルコールでの手指消毒、名前と連絡先を書いたチケット提出など、細心の注意を払って、順に会場に入った。

 展示物は、2メートル間隔で並べ、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底している(詳細は、こちら)。人数制限がしっかりされていて、会場内は混雑した印象は受けなかった。

ジブリ作品に影響を与えた児童文学の紹介コーナー

最初のコーナーは、「児童文学への憧憬」。高畑勲監督、宮崎駿監督が、「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」など、児童文学を原作とした作品に深く関わってきたことや、スタジオジブリでも、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」「ゲド戦記」「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」など、児童文学を原作にした作品を制作してきたのを受け、児童文学の数々を紹介している。児童文学のストーリー、世界観、挿絵などが、スタジオジブリの作品に大きな影響を与えたことがよく分かる展示である。

ここでは、「借りぐらしのアリエッティ」公開時に、宮崎駿監督が岩波少年文庫から選んだ50冊についての手書きの推薦文、挿絵などが紹介されている。地味なコーナーではあるが、ジブリ作品が創作された背景の一端に触れられ、我が家の子供たちは結構、しっかり見ていた。

最新作「アーヤと魔女」と一緒に写真!

 ジブリ作品の最新作「アーヤと魔女」のコーナーが続く。宮崎吾朗監督の長編アニメーション「アーヤと魔女」は、今冬にNHK総合で放送される 。 ここでは、 ポスタービジュアルのほか、主人公アーヤをはじめ、作品に登場するキャラクターの人形と人形劇舞台が展示されている。

 ここが最初の撮影ポイント。順に子供たちが人形劇舞台の前に並び、お父さんやお母さんに写真を撮ってもらっていた。うちの3姉妹もちゃんと並んで撮影することができた。

 宮崎駿監督が「特別な作品」と語る映画「ハウルの動く城」の原作を書いた英国の作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる児童向け小説「アーヤと魔女」を気に入った宮崎駿監督が長編アニメの制作を企画。息子の宮崎吾朗さんが監督として手がける作品である。

 自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語。

 スタジオジブリでは、初めての全編3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)制作の長編作品となる。本作品は、カンヌ国際映画祭が発表した「オフィシャルセレクション2020」56作品の1作(アニメーション映画は4作が選ばれ、そのうちの1作)として選ばれた。

 宮崎吾朗監督は「憎たらしいけど、可愛い僕らのアーヤが、子どもたちを勇気づけ、大人たちを元気づけてくれることを、心から願っています」と会場にコメントを寄せていた。

ネコバス、トトロのバス停

 続いて、三鷹の森ジブリ美術館からやってきた「となりのトトロ」の「ネコバス」の前でも、写真が撮れる。その向かい側には、バス停とトトロの立体模型があって、ここでも写真が撮れる。

撮影ポイントがいっぱい!

 続いて、ジブリ作品のポスターを壁一面に展示。撮影ポイントが続き、家族づれが子どもたちを写真に収めていて、笑顔が広がっている。

 「天空の城ラピュタ」のシータが空から降りてくる場面や、実際に立体模型が動く「ハウルの動く城」、「紅の豚」の飛行艇、「風の谷のナウシカ」に出てくる飛行装置・メーヴェなどが一緒に撮影できる。

「千と千尋の神隠し」の世界

この後、いったん会場を出て、別の展示室の第2会場へ。ここでは、「千と千尋の神隠し」の世界がたっぷり楽しめる。

 中でも、人気なのが、湯婆婆、銭婆のおみくじコーナー。ここでは、湯婆婆、銭婆が表裏になっていて、恋愛運と開運のおみくじを楽しめる。くじを1つ選ぶと、スタッフの人が紙片を手渡してくれる。ちなみに、筆者は、2つとも「大凶」であった。

ジブリパークコーナー

 続く「ジブリパークコーナー」は、撮影禁止。2022年完成予定のジブリパークの建築模型やイメージ図が多く展示されていた。三鷹の森ジブリ美術館の写真も多く飾られ、行ったことがない人にも雰囲気が伝わるのがいい。

 報道によると、「ジブリの“大じゃない”博覧会」は、準備期間1カ月で開催にこぎつけた。コロナの感染対策をしながら、短期間でここまでの展示をできたのは、なかなかのものである。思った以上に、筆者も家族も満足して、会場をあとにした。

詳細は、公式サイト

最新情報をチェックしよう!