名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

フェスティバル/トーキョーの全プログラム発表

  フェスティバル/トーキョー実行委員会が、フェスティバル/トーキョー19(以下F/T19)の全プグラムを発表した。「からだの速度で」をテーマに、ジャンルや国を横断した12組のアーティストが8カ国から集結。東京芸術劇場、あうるすぽっとなどを会場に、2019年10月5日~11月10日までの37日間、15以上の多彩なプログラムで社会における芸術の新たな可能性を追究する。
 オープニング(10月5、6日)は、舞台美術家による新たな祭り「移動祝祭商店街」をトランパル大塚や豊島区内商店街で実施。舞台美術家で結成された「セノ派」が商店街に滞在し、地域の特徴を取り入れた特別な山車をつくる。 

 「オールウェイズ・カミングホーム(仮)」(11月8〜10日、演出:マグダ・シュペフト )では、若手演出家マグダ・シュペフトが日本、ポーランド両国のスタッフ、キャストと共に、「ユートピア」を劇場に出 現。科学技術と距離を置き、自然との絆を保ち続ける人類の 末裔の生活と文化を「民俗学的資料」として発表したアーシュラ・K・ル=グウィンの「オールウェイズ・カミングホーム」 のアイデア、手法を参照し、未来のユートピ ア像を探る。
 「ファーム」(10月19、20日、演出:キム・ジョン、作:松井 周)では、韓国演劇界の新世代の演出家、キ ム・ジョンが、自国の俳優たちと共に松井周の戯曲「ファーム」に取り組む。近親者による遺伝子操作、体内での臓器培養など、タブーへと逸脱しながら人 間の本質を露わにしていく戯曲の世界観がどのような表情を見せるのか、期 待が高まる。
 香料SPICE「 新 林 ニュー・ジャングル」(10月18〜20日、コンセプト・演出・出演:香料SPICE)は、F/T17のアジアシリーズでの特集など、現代中国カルチャーに注目し続けてきたF/Tが、杭州を拠点に活動するサイケデリック・エレクトロニックグループ、香料SPICEを初招聘。設立メンバーのチェンチェンチェンと米国人ミュージシャン、イーライ・レヴィによるミ ステリアスなサウンドは、実験的なエレクトロニックとポップミュージック、東洋的感性と西洋文化をミックスしたもので、チェンチェンチェンが書く哲学的な歌詞も特色のひとつ。 チェンチェンチェンは、中国美術学院でインターメディアを専攻したアーティストでもあり、 これまでにもインスタレーションやパフォーマンス作品を発表してきた。

 従来の国別特集「アジアシリーズ」を国や分野の境界が融解するアジ ア全体の状況を取り上げるものとしてアップデートしたのが F/T18の「トランスフィールド」。それをさらに深めた「トランスフィールドfrom アジア」の注目すべき一つが、「Sand(a)isles」(10月28日〜11月10日、設計:JK・アニコチェ×山川陸)だ。ファンラオ・ダンスカンパニー「Bamboo Talk」「PhuYing」(10月25〜27日、振付:ウンラ・パーウドム、ヌーナファ・ソイダラ)、「To 通 ツー」(11月2〜4日、企画・出演:オクイ・ララ×滝 朝子)、「やわらかなあそび」(11月9、10日、演出・出演:谷口暁彦)などにも期待がかかる。アートプロジェクト「NOWHERE OASIS」(コンセプト・ディレクション:北澤 潤)や、Hand Saw Press「 ひらけ!ガリ版印刷発信基地」や、 研究開発、教育普及のプログラム、連携プログラムなどもある。
 一般発売は、2019年9月1日から。先行割引チケットは、8月28 ~ 31日。
 詳細は、webサイト

F/Tの記者会見写真
最新情報をチェックしよう!