名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 三鷹天命反転住宅ツアー動画を公開

  • 2020年6月1日
  • 2020年6月1日
  • 美術

『Distraction Series』第5号より

 荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所Reversible Destiny Foundationが、荒川+ギンズが創造したさまざまな哲学、プロジェクトを共有しようと配信を始めた隔週のニューズレター『Distraction Series』の第5弾で、荒川+ギンズ東京事務所とReversible Destiny Foundationのディレクター、本間桃世さんによる三鷹天命反転住宅へのバーチャルツアー動画を公開した。

 今回新たに製作されたこのバーチャルツアー動画は、映画監督の山岡信貴さんによるディレクション。山岡さんは、『Distraction Series』の第1号と第2号で公開された荒川とギンズのドキュメンタリー映画2作品『死なない子供、荒川修作』と『We、マドリン・ギンス』の監督でもある
 映画『死なない子供、荒川修作』の撮影場所である三鷹天命反転住宅のユニークな建物入口から、公式見学会のとき以外は一般に開放されていない住宅内部まで、三鷹天命反転住宅の空間を丁寧に案内。建築空間によって生み出される数々の身体の動きを追体験させる。

 特別ゲストには、10年前の映画『死なない子供、荒川修作』に、まだ小さな子供と赤ちゃんとして登場した遊眞君と想乃ちゃんを迎えた。懐かしいロフトで、健やかに成長した2人が、天命反転住宅での経験やそれぞれの感想を披露。現在、ロフトに暮らす家族の2歳になる六花ちゃんも楽しそうに登場する。
 もし、「天命反転都市」に暮らしたら、平和で戦争のない未来になるのでは—。遊眞君の言葉は、荒川が語り続けた天命反転のヴィジョンとも重なる。

 このバーチャルツアーと併せて披露するのは、NHK WORLD-JAPANの15分番組『Close to ART』。三鷹天命反転住宅の背景と歴史、さらにその基礎となる哲学を、荒川とマドリン・ギンズの紹介も交えながら包括的に紹介する。
 リンクから、オンラインで2021年4月15日までアクセスできる。

最新情報をチェックしよう!