名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

鹿目由紀さん2年間の充電

 朝日新聞(2019年8月1日名古屋尾張知多版)によると、名古屋の人気劇団あおきりみかんを主宰する劇作家、鹿目由紀さんが、8月の新作公演「三人寄れば、文句の杖」後に、劇団での活動を2年間休業する。同紙によると、南山大卒業生らで劇団を1998年に旗揚げし、20年以上走り続けてきたため、一旦充電期間とし、劇団以外の仕事や海外での演劇の勉強、小説執筆などに時間を充てたいという。公演の詳細は同劇団web、記事の詳細は朝日新聞web

最新情報をチェックしよう!